2015年8月29日30日は残PARTY泡にまみれNight

体験

残PARTY

あの泡PARTYが沖縄読谷上陸!

泡PARTYはこんな感じ

泡パとは

一生に一度は体験したい、
あのパーティーが日本でも!

クラブの世界的メッカとされている地中海の楽園、“イビサ島”。そのイビサ島の一つの名物となっているのが“泡パーティー”だ。
音楽とダンスで構成されるクラブイベントに、泡を放出する機械を導入し、フロアの参加者が踊りながら泡まみれになる、というもの。
理屈抜きの面白さ、盛り上がりがあり、日本では2012年7月にパーティークリエイター・アフロマンスが原宿で開催したのをきっかけに、各種メディアやソーシャル上で話題となった。
2015年は、渋谷clubasiaでの毎月第一土曜開催、イベントコラボや地方でのツアーイベントなど様々な企画が展開予定!是非チェックしてください!

引用元

泡パーティー専門サイト「泡パ.jp」by Afro&Co.
泡ムーブメントのパイオニア、アフロマンスがプロデュースする公式泡パーティー「泡パ」!イベントの情報や、泡パの楽しみ方、グッズ紹介など、盛りだくさんな内容で発信中!…

めっちゃ楽しそう!

場所は沖縄県中頭群読谷村字宇座1861残波岬いこいの広場Tida33

top_map

引用元

沖縄県読谷村のBBQスポット | 残波リゾート アクティビティパーク
残波岬の観光はもちろん、グランピングスタイルバーベキュー、琉球忍者ショー、子供用遊具、動物とのふれあいなど、それぞれのスタイル・楽しみ方で、のんびり1日中楽しめる総合レジャースポット【 残波リゾート アクティビティパーク】

29日・30日開始時間は

15:00~22:00

前売り券は2000円 当日券2500円

(注意)フードコートがある為、飲食物持ち込みは不可です。

雨天決行

ステージから泡が放出されるので濡れるの覚悟でお越しください!

地元沖縄アーティストのライブで泡パ最高!

残Party 泡にまみれNight(8月29日、30日 残波いこいの広場)
Facebook
残Party
残Party、沖縄県 中頭郡 - 「いいね!」732件 - 夏休みの最終土、日に最高の思いでつくりませんか? 音楽イベント 残Party ~泡にまみれNight~ 残は残波という地名! 泡は、泡盛、泡パーティの泡!!

沖縄アーティストの中にはこんなジャンルの方も「ロボコップ雄三」ストリートワークアウト

DJタイム特別ダンサー
※男子、綺麗なお姉さん好きな女子必見です!

両日のDJタイムにGOGOダンサーとしてビキニで踊って頂く
セクシーなダンサーのお写真頂けたので、がアップします!

 

こんなコーナーも里親探しの特設コーナー

まじめなお話・・・

今回の残Partyの会場にて、30日(日曜日)
15:00〜18:00頃まで、NPO法人 ワン’sパートナーの会様による
里親探しの特設コーナーを設けます。
(ど〜〜〜してもやりたかった・・・。できる。やった〜。嬉しい!!)

すぐに里親になれるかは、環境調査(その人の住んでる環境)
2週間トライアル・・・。おわって晴れて飼い主!!
のようです。
資金造成のおさんぽ体験もあるみたいなので、是非
パーティ参加者でこういう運動に興味ある方は
みにきてちょ〜だいね。

ちょっと長いけど読んでみてね・・。

人間に愛されるべく生を受けている犬たちがいます。昨今のペットブームの煽りを受けて犬を飼い(買い)、愛犬として迎え入れた飼い主も多いのが現状ではないでしょうか。そのペットブームという光り輝く面と、その陰で、年間多くの犬たちが「殺処分」されている事実も直視しなければなりません。
現在、県内で活動する動物愛護団体や、個人ボランティアの保護した犬たちが里親活動にて引き取られる頭数は、沖縄の殺処分頭数の僅か数パーセントでしかありません。また、沖縄県は人口比率からみた年間殺処分の頭数も全国的に高く、常にワースト記録保持県となっている現状にあります。その様な犬・愛犬を取り巻く県内環境において、もはや、保護そして里親活動においては限界があると考えなければならず、その根本的要因のひとつとして、飼い主一人一人のモラルの欠如が考えられます。

私たちの活動は公正かつ透明性の高い運営を行い、社会的な信用を得て幅広く活動していくうえで法人化は急務であると考えています。ただし、この会は多くの会員がボランティアとして参加し、事業目的も営利を目的とはしないため、会社法人の形式は似つかわしくありません。よって、特定非営利活動法人の設立が望ましいと考えています。
多くの愛犬家の幅広い参加と、ご支援をお願い致します。

読谷初の泡パで楽しもう!

忘れていました泡盛飲み放題です。

okinawa旅行 観光 色々情報交換サイト ゆいまーる まわる

コメント