桜坂劇場 10月上映開始映画 !予告を集めてみました。

地元情報

桜坂劇場の10月から上映開始映画!

大きな映画館にはない何かが桜坂劇場にはあります。

10月スタートの映画をご紹介します。

紹介映画以外も上映映画がございますので、一番下に公式ページにURLがありますので、

確認ください!

桜坂劇場は楽しい!

先生と迷い猫 10月10日~

カタブツでヘンクツな校長先生と亡き妻が可愛がっていた一匹の三毛猫。

猫が教えてくれる、町と人と、夫婦の愛の話。

映画『先生と迷い猫』公式サイト
映画『先生と迷い猫』2015年10月10日(土)新宿バルト9他全国ロードショー! 君がいると、人生は面白い。 校長先生の家に、毎朝やってくる三毛猫・ミイ。 ある日突然来なくなったミイを探しに、町に出かけた先生がみつけたのは、あたたかい町の人たちとのふれあいと、亡くなった妻への愛でした。

エール 10月31日から

エール! | 『フランス映画祭2015』公式サイト

フランスの田舎町。農家を営むベリエ家は、高校生の長女ポーラ以外、父も母も弟も聴覚障害者。美しく陽気な母、口(手話)は悪いが熱血漢な父とおませな弟。オープンで明るく、仲のいい家族だ。ある日、ポーラの歌声を聴いた音楽教師トマソンはその才能を見出し、彼女にパリの音楽学校のオーディションを受けることを勧める。夢に胸をふくらませるポーラだったが、彼女の歌声を聴くことができない家族は、彼女の才能を信じることもできず、もちろん大反対。ポーラは悩んだ末に、夢をあきらめる決意をする。しかしその歌声が、耳の聴こえない家族に届く出来事が起こるー。主演のポーラに抜擢されたのは、フランスで人気の歌オーディション番組で注目を集めたルアンヌ・エメラ。その奇跡の歌声で観客を魅了し、本年度セザール賞最優秀新人女優賞を受賞。本国で4週連続No.1、12週連続TOP10入り、動員700万人超えの驚異の大ヒットを記録した感動作がついに日本上陸。

引用元

『フランス映画祭2015』公式サイト
1993年から毎年開催されているフランス映画祭。ユニフランス・フィルムズは今年もフランス映画祭を開催します!6月26日(金)から29日(月)まで、今年も有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇(東京会場)にて皆様をお待ちしております。

 

私たちのハアハア 10月3日~

映画『私たちのハァハァ』オフィシャルサイト

 WE ARE Perfume 10月31日~

Perfume初のドキュメンタリー映画『WE ARE Perfume』ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT

引用元

http://www.cinra.net/news/20150722-perfume

中島みゆき 縁会 2012~3劇場版 10月10日~


彼は秘密の女ともだち 10月3日~

 

 

さよなら、人類 10月3日~

映画「さよなら、人類」オフィシャルサイト – 解説 –

2014年のヴェネチア――金獅子を受賞したのは、スウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督の『さよなら、人類』だった。「ヴェネチア史上最高の映画!」(ポジティブ誌)、「映画史に名を刻む傑作!」(エル・ムンド紙)など、批評家たちから最も支持され、審査員長を務めた作曲家アレクサンドル・デスプラ(『英国王のスピーチ』『グランド・ブダペスト・ホテル』)は、「哲学的で詩的、それでいて人間的作品だ。驚き、感動、衝撃。私たちが求めていたこれら全てを与えてくれたのは『さよなら、人類』だけだった」とコメントし、絶賛を贈った。
引用元

カプチーノはお熱いうちに 10月17日~

イタリア本国でナンバー1ヒット!(2014年3月第三週)

映画『カプチーノはお熱いうちに』|9月より、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー
南イタリアの美しい街レッチェ。恋も仕事も手に入れたヒロイン エレナが遭遇する人生の乱気流。人間を、深く、やさしく見つめる 名匠フェルザン・オズぺテク監督最新作!9月より、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

シャリ―&ヒンダ 10月24日~

経済の知識がなくたって、シャーリー&ヒンダを見れば、世界の見え方がちょっと変わってくるはず。

 

引用元

Laser Light

僕は坊さん。 10月24日~

クーデター 10月24日~

共犯 10月17日~

TRASH 10月24日~

スラムポリス 10月3日~

 

レッドカーペット 10月3日~

君に泳げ! 10月31日~

UFO学園の秘密 10月10日~

桜坂劇場公式サイト

桜坂劇場公式サイト
沖縄県那覇市桜坂にある映画館。カフェ・雑貨店も併設し、音楽ライブ等も行なっています。

okinawa旅行 観光 色々情報交換サイト ゆいまーる まわる

コメント